読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

言葉が足りないことは嘘ではない

エイプリルフール2014

ドラマ「古畑任三郎」第2シーズンの「笑わない女」(1996年1月放映。メインゲストは沢口靖子さん)で、「人を欺いてはならない」という戒律を守るため、沢口さん演じる教師がアリバイの説明で「部屋でマリア・カラスを聴いていた」と言います。殺人の現場となった部屋で、ウォークマンマリア・カラスの楽曲を聴きながら犯行に至ったのですが、確かに「部屋で」「音楽を聴いていた」は合ってる。うまいこというなー、確かにそうだなー、と思ったものでした。その後、ストレートに「殺しましたか」と聞かれて、嘘がつけなくて自供しちゃうんですが。

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキュゥべえが「聞かれなかったから答えなかった」と言ったとき、真っ先に古畑任三郎のこの話を思い出しました。だまそうという意図はなく単純に聞かれなかったから答えなかっただけ(キュゥべえはまあちょっと……みたいな気持ちにはなりますが)。

もう「結婚した」「離婚した」あたりのネタを封じられている(実在の人物に迷惑がかかる可能性のあることはさすがに……)ので、具体的にエイプリルフールらしきことが書けないため、嘘といえばの思い出話でした。