読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

継続して警戒しようと思った痴漢行為に近い行動

1ヶ月以内くらいに2回同じ目に遭って協議した結果「これは痴漢行為とは言い切れないがかなり高確率で痴漢行為に近いと思う」という結論が出たのでまとめておきます。エスカレーターがあるシチュエーションなら起こり得る現象です。

最寄り駅の下りのエスカレーターがはっきりと認識した場所でした。夫が下り側に立ち、私がその1段上に立った状態で、さらにその1段上に男性が立っています。夫は振り返って私と会話をするときに、私のすぐ後ろに立つ男性を発見します。その男性が明らかに怪しいので、エスカレーターが下っている間に歩いてその場を離れるか、下りきったときに夫が私の後ろ側に回り込みます。夫がガードに入るタイミングで、その2例とも男性はまったく違う方向(エスカレーターから降りる人が向かわない方向)に歩み去ります。

そのうち1例、つまり今日出くわした例は、夫が振り返る前にかばんの位置を変えようとした私のひじが軽く男性の腹部にぶつかってしまったため、軽く男性側を向いて(顔までは見ていない)会釈して「すみません」と言ったところ無反応で、その瞬間に「この人やばい」と思いました。そのときに夫が後ろの男性を見て同じく「やばい」という表情をしました。その後変な方向に早足で去って改札を出ていった男性は見た感じ50~70代でした。服装は至って普通*1でした。

これだけ?という感じですが、これだけです。でも少なくとも今日の例では、いつも夫に遅れて怪しいと思う私ですら「刺激したらいけない人だ」とすぐわかったし、むやみに痴漢を疑いたくない(これは性善説に立つ考えではなく、痴漢を疑った結果逆切れされると身の危険につながるからです)私と怪しい人にすぐ気づく夫がしばらく協議した結果「危ないから継続して警戒しよう」ということになりました。

怪しい人だとわかるってどんな感じなのか。

 私は10代の頃たくさん痴漢被害に遭っていて、「やりそうな人」というのは他の男性たちとまったく挙動が違うので、反射的に分かるようになった。そしてそういう人を注意深く見ていると本当に痴漢行為を行い始めることがある。
 そういうことをネットに書くと、「見ただけで犯罪者が分かるとかどんな能力だよw」とか、「お前みたいなやつがいるから痴漢冤罪が起こるんだよ」的なコメントをもらったりする。私としては、そんなサイキック能力がありますみたいな話をしたいわけではなくて、被害に遭っている女性への対処法や目撃した時にできる痴漢犯罪の抑止についての話をしたいだけなのだが、そのあたりは一切無視されるのが基本である。

Love Piece Club - 自意識過剰で被害妄想な女は笑ってよい / 田房永子

「動き方が普通じゃない」という感じがぴったりなのではないかと思います。エスカレーターで1段上に立つだけなのに、腹部がすぐに触れるような位置に立ち止まるだろうか。たまたま前の方に立ってしまったかもしれない、でもそれで前の人とぶつかったら(ぶつかりそうになったら)少しでも後ろに動こうとするのではないか。

普通じゃないな、と思ったらとにかく離れるしかないと思っています。とにかく刺激した結果思ってもみないことになるのは避けないといけない。満員電車のように身動きがとれない場合は身体の位置をずらすとか、かばんでガードするとか、安全ピンを手の中に隠し持つとか、そういう対策くらいしかとれないですが、オープンな空間であれば何かが発生する前に逃げる方が安全じゃないかと思っています。何か発生したら、幸い近くの位置にある交番に引っ張っていこう、くらいは考えるけど。

で、まあ、私が「痴漢とは言い切れないのではないか」「男性の連れがいるのにそういうことをするというのも考えづらいのではないか」とごにょごにょしていたら、夫はこう分析していました。

「普通でない人は目の前にある女性の身体しか見えていない。その近くに男性がいようが近づきたいと思ったら近づく。自分の欲求のことしか考えていないのだと思う」

私にとって、近づきたいだけ、というのはまったくよくわかりません。実際に触るとかの行為に及ぶわけでもなく?

「さっきひじが少し触れたように、偶然を装って接触したいと思っているし、接触する一瞬を狙っている。あんなふうにぎりぎりの位置に立つのはそのためだ」

そういわれてみれば、斜めがけにしていたかばんを少し動かす程度で、後ろに立つ人の腹部に接触する、というのは普段の通勤ではまずありません。朝の比較的混み合う時間帯でもです。うっかり身体を大きく動かした際にぶつかることはあるかもしれないですが、そういう場合は相手は迷惑そうな感じにしたり、少し身を引いたりしそうに思います。無反応というのはあまりない。

痴漢の話をする際によく出てくる2つの要素「露出が多かった」「若い女性だった」については、そのどちらも違うということを記載しておきます。上は男性ものの形の半袖Tシャツ(首が詰まり気味)、下は足首までの丈のだぼっとしたミリタリー風パンツでした。年齢は40歳です。

*1:帽子、チェック柄のシャツ、チノパン。