Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

やれることをやって待つしかない

SMAPなー。

SMAPコンのチケット争奪戦つらいのは知ってる!

SMAPとの最初の接点って何だったんだろう。光GENJIのバックで踊る、あるいはスケボーに乗る中居・木村は認識していたけど、SMAPとしては全く覚えていない。デビューしたときのことは覚えてる。そしてその後の長い長いアイドル不遇時代、「夢がMORIMORI」(森くんのキックベース見たことあるんだぞ!)(音松くんだってもちろんリアルタイムだ!)、「SMAPのがんばりましょう」(テレビ番組のほう)、そして「SMAP×SMAP」のスタート、森くん脱退……明確な“SMAP担”になったことはない。けど、ずっと見てきた。

阪神淡路大震災のあとのMステで歌った「がんばりましょう」、吾郎ちゃんが復帰したときの「FIVE RESPECT」、27時間テレビの最後のステージ。デビューから今までSMAPの6人とファンが共有してきたものの断片を知っている。デビューしてから本当に売れてなくて、さまざまなことをやって、「$10」あたりからぐんぐん大きくなっていったのを知っている。いろんなことがあった。毎年の解散報道はもはや定番ネタだ。そのたびに「報道は信じるに値しない、本人たちの言葉だけが本物だ」と確信してきたし、実際そうだった。中居くんの言葉にどれだけ救われてきたことか。一度だけ行く機会を得たSMAPのコンサートは本当に素晴らしかった。

ファンはいつも中居くんから試されている、と思う。音痴ネタ、自虐ネタ、そして時折ぽろっと披露されるエンターテイナーとしての中居正広。ステージ袖に戻って吐いてまたステージに上がって。頼むよ身体大事にしてくれよって思う。まあそんな裏話はファン以外にはどうでもいいことだ。

今みたいにTwitterなどがない時代に、どうにもならない、待つしかないという経験をSMAPファンはたくさんしてきた。どう転んでも、今回の件の後のSMAPはこれまで通りのSMAPではないんだろうと思う。どうなるかまったくわからないけど、やはりファンは待つしかない。やれることをやって待つしかない。

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花