読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

消えた八本脚の蝶(追記あり:サイトが復活しました)

ページ移転のお知らせ
二階堂奥歯『八本脚の蝶』(ポプラ社)ができるまで 東雅夫(文芸評論家)×斉藤尚美(ポプラ社)対談 2006年1月 : 東雅夫の幻妖ブックブログ
二階堂奥歯 八本脚の蝶

二階堂奥歯さんという方を私が知ったのは、たぶん2003年の4月末か5月の頭か、奥歯さんが自らこの世を去ってから一週間以内だったように思います。なぜその訃報にたどり着いたのか今でも覚えています。当時私は溜池山王に勤めていて、社会人になって何年か経ち、1人でバーにお酒を飲みに行きたいなと思って(そう、このお題は13年間もまともに達成できていないのです)、当時1つの席に1台配置された、インターネットにつながるパソコンで、Yahoo!の検索を使って、職場の近くにあるバーの情報がどこかにないか(食べログなんていうものはなかった)、ふらふらと探し歩いていたのでした。そこでふと見つけたバーの掲示板に、彼女の訃報が書き込まれていました。

まだインターネットでの検索がいろいろと難しかった時代で、Yahoo!やらGoogleやら、当時割と有効だった「リンク集」ページなどを辿って、私は奥歯さんの情報をあれこれと探し求めました。2ch幻想文学板(だったかな)も見に行った。年齢が近く、それでいて思考のレベルがはるかに違う、そしてもうこの世にはいない女性のことが気になってしょうがなくて、日記もすべて遡って読み、初めてクトゥルー神話のことを知ったり、ヴィヴィアン・タムというブランドのことを知ったりしました。

良くも悪くも、二階堂奥歯さんの日記は私に影響を及ぼしました。良かったことは、自分のメンタルが安定しているかどうかを、奥歯さんの日記を読むことによって判定できた、ということです。調子が良いときは淡々と読み進めることができる。調子が悪いときは読んでいてつらくなったり、なぜかページが進まなかったりする。悪かったことは、奥歯さんの日記を私は利用してしまっていた、ということです。私は死にたいと思ったときでも、一度も行動に移そうと考えることはありませんでした。恐怖を乗り越えるためのすさまじい努力をしないと人は自分の望むようには死ねないということを、先達がすべてやってみせてくれていたからです。それ以降も、半年に一度くらいはふと開いて見るような、そんなページでした。

平素は@niftyをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 先般お知らせいたしました通り、@homepageは 2016年 11月 10日(木)15時をもちましてサービス提供を終了させていただきました。
長年にわたりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

なお、@homepageのデータバックアップおよび、後継サービス(無料)への移行手続きは、引き続き【 2016年 12月 12日まで 】お手続きが可能です。お手続きがお済みでないお客様は、お早めにお済ませいただきますようお願いいたします。

インフォメーション | @homepage:@nifty

11月10日に「八本脚の蝶」が置いてある@homepageのサービスが終わることはうっすら記憶の片隅にあって、なぜかふと11月1日に「あれが終わるなら八本脚の蝶も終わるのでは」と思い出しました。

その日のうちにAmazonで書籍「八本脚の蝶」を買い求め(それまでは、なぜだかどうしても本を手元に置きたいという気持ちになれなかった。何度も書店で手に取ったけど)、ログは入手した気持ちになれたけど、なんとかWeb上にあの日記が残ってくれないかな、などと考えていました。11月10日の夜に、これまでと同じようにサイトのタイトルをGoogleの検索窓に入力し、これまでと同じように検索結果から飛んだら、やっぱり消えてしまっていました。

そんな虫のいい話があるかい、という感じではあるけれど、どこかでなぜかあのサイトだけは消えないのではないか、どなたかが移行手続きをしてくれるのではないか、という、よくわからない期待があったのですね。でもInfoseekのページのようにあっさりと消えてしまった。

大阪タカシマヤをセールの時期に歩いていて、ヴィヴィアン・タムで不意にいい感じで安くなっているコートを見つけ、本当にふらふらと試しに羽織ってみたことがあります。安くなっているとはいってもそれなりのお値段です。でもなぜか、何も知らないはずの夫が「いいんじゃない、買えば?」と勧めてくれたこともあり、思い切って買いました。ヴィヴィアン・タムだけあってそれなりに合わせる服も靴もきちんとしないと着こなせないのですが、Facebookの1年前の投稿に、ちょうどそのヴィヴィアン・タムのコートを買ってから初めて1回だけ着た日の写真(その場の写真で自分の写真ではない)が出てきました。買ったのはもう6年くらい前なのに、着たのは本当にその1回だけで、使い方としていいのか悪いのかというと悪い使い方なんだとは思うのですが、コートを買い終えた瞬間に二階堂奥歯さんと同じブランドを買う日が来たのだなぁと思った、ということを1年前も今日も思い出しました。

f:id:toya:20161115002229j:plain:w400

追記(2016/11/27)

11月24日に、Webの管理をされているmichisuさんによって、後継サービスへの移行がされたというアナウンスがありました。元のページからも遷移できるようになっています。新しいURLは以下です。