Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

「健康を目指す」ことへの道

あんまりネガティブなことを書くのもなーと思ってブログに書かずにいたのですが(昔Web日記書いてた頃はがんがん載せてたのに……)、我ながら我慢ならなくなって書きます。

夏にめちゃくちゃ忙しい時期があって、割と気合いと根性と時間で乗り切ったのですが、その余波が残暑あたりにやってきて、しばらく体調が悪い時期が続きました。具体的には起きがけの頭痛、めまい、倦怠感、たまに吐き気(めまい由来かも)ですね。もともと偏頭痛持ちなので「薬飲んで寝ていればなんとかなる」と思っていたのに、これがなかなか治らない。治ったと思ってもまた波が来る。内科や耳鼻科*1に行くわけですが、対症療法的な感じにしかならない。あと「よく寝てよく水分をとって」しか言われない。あんまり続くと当然ながら心因性が疑われるので、「心療内科に行っては?」と勧められたりもしたんですが、以前どこかで書いたけど私もともと睡眠障害っぽくて一応定期的に通ってはいたんですね……。しょうがないので(?)かかりつけの先生に相談したところ、起立性低血圧ではないか、とのことで、薬もらって飲んでてまあまあよくなってきていたのです。そしたら、先週固いところに座っていたときに腰痛いなーと思って、土日にストレッチしてたのに、今朝完全に悪くなっててびっくりですよ。これまた対症療法しかなくて、基本的に腰の筋肉を鍛えるしかないようで、要するに総合すると「よく寝てよく水分とってよく運動して」ってことで、とにかく健康を目指さないと不愉快な状態が続くことがわかってしまったんです。今までは健康を目指さなくても健康だったのに(婦人科の持病を除く)。血液検査までされて本当に異常がない(婦人科の持病を除く)。もうこうなったら普通に生きていくために健康を目指す、でなくば死、みたいな感じで、雑な生き方が好きだったのにもう「丁寧な暮らし」とか心がけないといけないのかと思うと悲しいです。適当に生きていきたかった……。

(執筆時間:15分)

*1:以前良性発作性頭位めまい症をやったことがあり、耳鼻科疾患を疑いました