読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

e☆イヤホンで「マツコの知らない世界」で紹介されてなかったイヤホンを買った

aplista.iza.ne.jp

1月26日放送の「マツコの知らない世界」で秋葉原にあるイヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」の岡田卓也さんがイヤホンを紹介していたのを見て、ちゃんとしたイヤホンを買おうかな、という気持ちがふつふつと湧いていました。

もともとはイヤホン・ヘッドホンに対して非常に雑な感じで、iPhone付属のイヤホンこそ使わなかったものの(耳にいまいち合わなかった)、必要があればコンビニで1000円程度で買えるイヤホンをその場しのぎとして買い、雑に仕事をしたり雑に音楽(といっても動画サイトの作業用BGM的なもの)を聴いたりしていました。音が聞ければなんでもいいや、みたいな感じだったのですね。

実際不自由を感じなかったこともあり、かなり長いこと間に合わせのイヤホンを使っていましたが、「マツコの知らない世界」でイヤホンってこんなに違うものだったの???とそもそも性能・機能の差がめちゃくちゃあることにびっくり。音響関連機器の世界はすごいな……と思っていたら、「e☆イヤホン」にちょくちょく行く夫が、意外にもまあまあの推し具合で勧めてくるのです。いや私あんまり音楽聴かないしいいよ、と言っていたけど、ちゃんとしたものを使うのは大事だからと。いかに音関連に対して雑だったかがわかりますね……。

そして今日ついに「e☆イヤホン」に行って買い物をしてきました(お店に行くのは2回目)。

www.e-earphone.jp

番組で紹介されていた「SkullCandy(スカルキャンディ)」の「DIME」を買うかなあ、とかなり安直に考えていたのですが、とりあえず耳に合うかどうかわからないからと適当にその辺にあるものを試し聞き。音楽はiPhoneに入っていたSMAP「オリジナルスマイル」で。

Skullcandyスカルキャンディー公式サイト|オンラインショップも併設 クラッシャー Dime Coral/Foral/Burgundy Mic1

そしたら本当に高音域や低音域や人間の歌声が全然違うんですなー。私は割と低音域が響くのが好きで、かつてソニーのミニコンポを使っていたときもイコライザーで重低音強めにして聴いていたものですが、イヤホン選びだけでもある程度好みに合わせられるのはすごいなあと思いました。

名前も知らなかったようなメーカーのものまで試してみましたが、最終的に女性向けに作られたSkullCandyがやっぱりいいんじゃん?という気持ちになって、SkullCandyのものを5つくらい試しまして、一番耳に合うような気がして、一番好みに聞こえた「Bombshell」を選びました。週末特価になっていて6000円(税込)でした。

jp.skullcandy.com

帰宅してから撮った開封の儀写真です。

箱(外装)。なかなかかわいらしい。
f:id:toya:20160221203633j:plain

外箱を取ってみたら、中にもどくろが。
f:id:toya:20160221203649j:plain

さらに開けたら、「トラベルケース」として小さながま口が付属していました。これはかわいい。開けてみるまで知りませんでした。
f:id:toya:20160221203654j:plain

さっそくiPhoneと、先日どうしてもCDをそのまま聴きたくて勢いで買ったポータブルCDプレーヤーで、試しに聴いてみました。iPhoneはお店でも試したので納得。ポータブルCDプレーヤーの方は、音に対して適当なこの私でも「これはちょっと……」と思うくらい付属のイヤホンの音がもごもごしていて、まあそれでも聴けるからいいやと放置していたのに、Bombshellで聴いたらいきなり音質が50倍くらい上がった気がしました!!! もう一度付属の方で聴いたら本当にとんでもなくもごもごしていて、この差はいったいなんなのだ、と悲しい気持ちに。聴いたのがちゃんと知っているV6の曲だったので余計に差がわかりやすかったのかもしれません。

いやー最初は「別にまあ買わなくても……」と思ってたけど、買ってみてよかったです。さすがにめちゃくちゃ高いイヤホンは尻込みしてしまうけど、Skullcandyのは割とお手頃なので助かった。