Really Saying Something

主に雑文系ブログです。他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

ストレスの解像度が低い

これは更年期障害ではなく単なるストレスですと言い切られ、思い当たる節がないと言うと「だいたい患者さんは皆そう言う、ちゃんと『悪いこと』を書き出してください」と注意を受ける。

と前回の記事に書いたので、真面目にノートを買い、書いてみようとした。まあ月末月初だし忙しいよな……処理能力落ちてて申し訳ない……足が冷えるけど寒いからしょうがないな……1ヶ月まともに動けてないから家の中荒れてるけどしょうがないな……くらいの散漫な思考しか浮かばないのでノートはまっさらだ(病院の予定は書いた)。

日々しんどいことはあるけどお給料もらえていて好きな仕事もできていて(胃はまだ様子見だけど)それなりに満足していて特に何もない???ほんとに????

というと問題が解決されないのだが、そこにフォーカスを当てる筋力、というか集中力がないのだと思う。5年後や10年後の目標を設定しましょうと言われて「5年後に日本がどうなってるかわかんないし……」ってなるやつと同じだ。たぶんPDCAのPが雑でDだけやりまくるタイプ(?)。いや、よくないことはわかっているんだが、適切な問題(課題)を切り取る能力がないおれに計画を立てられると思うか?みたいな気持ちにはなる。

10年後って私58歳ですよ。まだ働いてないとだめだけど、突然病気になるかもしれないし、家族に何かあるかもしれないし、30代に起きたトラブルの数々を思えば、仮説立ててみるのさえむずくねぇ?と藤沢弁にもなるってもんである。

こういうことを考えること自体がたぶんストレスなんだけど、急がば回れというか、待てば海路の日和ありというか、大山鳴動して鼠一匹というか、考えなくてもよい可能性もあるのではないか。そしたら婦人科の先生も基礎体温もなんとかなるんではなかろうか。いや、基礎体温を毎朝測るのが実は地味にストレスなんだけど……みたいな堂々巡りの日々である。

1月の戦いの記録

年始の休み明けからどうも調子が悪く、風邪か?コロナか?はたまた冬季うつってやつかしら?などとあれこれ考えながら1月の第2週を迎えた。

調子の悪さの輪郭は徐々にはっきりと「胃の不調」に収斂されていった。胃が痛い。何か食べると、胃が少しねじれるような、ちくちく何かが刺さるような痛みが生まれる。年始に暴飲暴食をしたわけでもなく、寒いから何か不調があってもおかしくないのかなと、第一三共胃腸薬プラスを食後に飲みながら解決策を練った。ひとまず食べる量を減らし、胃に負担のかかる食材を避けようとした。

しかし改善の兆しは見られない。それどころか胃がぴくぴくと痙攣する感じもある。気持ち悪い。この時点で仕事に支障が出始めた。諸事情により普段はリモートワークではなくオフィス出社を選んでいるが、まず朝起きられないので出社ができない。胃酸のせいなのか、目が覚めた時に既に胃がむかむかしていて、少し休んでからでないと体が動かないから、始業を少し遅らせてもらってできる限り休息を取り(朝なのに)、自宅で仕事をする。

そんな日が数日続き、メンタルの不調を疑い始めたが、もしかして更年期障害の「不定愁訴」というあれでは?と考えてかかりつけの婦人科を受診。更年期障害ではないですか?とどこか不調になるたびに訴えるのだが「まだです」とつれない。基礎体温のグラフから、まだエストロゲンがどはどば出ている*1のでこれは更年期障害ではなく単なるストレスですと言い切られ、思い当たる節がないと言うと「だいたい患者さんは皆そう言う、ちゃんと『悪いこと』を書き出してください」と注意を受ける。ついでに吐き気止めと漢方を処方してもらう。その次に不眠の薬をもらっている心療内科でいきさつを話したところ、睡眠の質が悪くなっているからと追加で薬をもらった。

次の日、ちょっと規模の大きな病院で内科を受診。すぐに血液検査とCTスキャン。最近のCTスキャンってカジュアルになったんだな……と変なところで感心した。どちらの結果も特に異常なし。次の受診日に胃カメラをやることになって、胃薬をもらう。薬の量が半端なくなってきた。

胃カメラの前の日、21時までに食事を終わらせるようにとの指示だったので、20時頃に晩ごはんを食べる。ここまで調子の悪さが続くんだから何か病名がついてほしい、でもスキルス胃がんはちょっとまだ勘弁してほしい、でもスキルス胃がんで亡くなったアナウンサーの逸見政孝さんの年齢を考えると安易に選択肢から外せない……などもやもや考える。ここでの「考える」はもう胃の不調のせいでまとまった考えにはなっておらず、横になってだらだら寝るくらいしかしていない。

胃カメラは今回「鎮静あり」を選択。経鼻でも経口でも苦しいのには変わりはないので、麻酔ありを経験してみたかった。手の甲に注射を刺されてしばらくは起きていたので、先生の「うわ、結構食物が残っちゃっているなぁ」という言葉が聞こえ、消化されなかったのか……と考えている、つもりだったのだが、名前を呼ばれた時には時計を見たら15分経っていた。「白い巨塔」を見てからは時計を見がち。胃にものが残っていたので全部は見られなかったけどまあ大丈夫でしょう、結果は次の受診日に聞いてください、ということで終了。看護師さんが車椅子に乗せてくれて、別室で1時間寝かせてもらった。看護師さんまじ神。すごく神。

次の受診日、自分の胃の残留物を写真で見ながら、あんまり悪いところはなかったですねーと言われる。結局この不調はなんなんだ……と困ったのでつい「私はどうすればいいんでしょう……」と謎の問いかけをしてしまう。ひとまず胃酸を抑える薬をしばらく飲んで様子見しましょう、と方針を決めて、ピロリ菌がいたら除去した方がいいですねとまたまた採血に回る。注射はそんなに怖くないので大丈夫だけど、注射嫌いな人だったら大変だな……などと自分の腕の針を見ながら思った。

ここに至るまでに上長、同僚による支えがあったことにめちゃくちゃ感謝したい。1月中旬はマジでポンコツであった。たびたび早退(正確には早めの退勤)もした。原因はよくわからなかったけど胃を労って過ごします。

幸い、薬がよかったのか、薄皮を剥ぐように症状は薄らいでいる。まだ本調子とまでは言いづらいけど、インターネットが少しずつ楽しくなってきたので、回復途上にあると信じたい。

私は「インターネットが面白くない時は自分自身が面白くない時」だと思っているので、約1ヶ月の不調の真っ最中に何の文章も頭に入って来ずフラットな文字列にしか見えていなかった時は「おのれが不調だからだなぁ」と考えていた。この記事を書いている今はちゃんと面白い文が浮かび上がって見える。本もスマホも何も読めない・読んでもわからない状態ではただ横になっているしかできなかった。

食欲もほどほどに戻ってきている。でももうマックフライポテトのMサイズをぱくぱく食べてはならないのだなぁ、から揚げなどもほどほどにしないといけない、栄養バランスと消化に良いものを組み合わせて健康な食生活を送らねばならないのだ、と考えると寂しい。たまにはピザとフライドポテトをがーっと食べたい。今日は味噌汁を久々に作った。

*1:長いことエストロゲンに晒されると子宮体がんなどの発症リスクが高くなる

2023年はこうしたい(ざっくり版)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さてひとつ前のエントリーは陰鬱な感じになってしまっているので、年が変わったということもあり(そんなに簡単に変わらないけど)こんなふうにできたらいいな、ということを書きます。まだ抱負とまではいかない草案のような感じ。

  • 自分の好きなものとかこととかこだわりとかへの解像度を上げる
    • 年末に「自分が着る服の好み」と向き合う機会をいただいたのですが、まあとにかく何も出てこなかった。空っぽ。私の根底には小学生の頃に「体が大きくて着る服がなく選択肢が存在しない」という体験をしたことが脈々とあり、その結果「とにかく普通の範囲に収まる服で社会性さえ守れればよい」へと変化して、黒とかグレーとかの無難な感じの服でそれなりになんとかする、みたいな装備のつもりでいたら、自分の好みがよくわからなくなってしまった、という顛末に。年末に見たtweetに「好きな理由を言語化し、書き留めるなどで保存する」という方法があり、自分の場合は言語化が圧倒的に足りないんだろうなと気づきました。「ちゃんとしていること」に憧れているくせに「それはどんな状態か」についてはわかっていない。そこを是正していきたい
  • もう少し自分を大切にする
    • セルフネグレクトの気配があるような気がしなくもないので、身の回りのものや環境を整え、自分が心地よく過ごすことについて興味を持ち注意を払う。これは生活全般(食べること、住むこと、暮らすこと)に言える
  • 自他の境界をきちんと引く
    • 2022年はこれが一番大変だったような気がする
  • 目標を立てることを怖がらない
    • 社会人になって何年経ってるんだ……という感じのことを書いてしまってますが、目標設定とか評価とか振り返りとかが苦手すぎる。これは社の人事評価のタイミングが「冬真っ盛り」の時期と「夏真っ盛り」の時期で、自分のメンタルの持ちようがあまりにも違う、というのも要因のひとつなんじゃないかと思っている、が、どうにもならないので適応するしかない(ここは諦念)。とにかく冬対策が必要

こんな感じの粒度でぱらぱらと言葉にしてブログでまとめていくようにしていきたいなと考えている。もうちょっと肉付け・具体化できるとよさそう。