読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

Orchestra Valse Concert vol.5に行った

Orchestra Valse(オーケストラバルス)はジブリ音楽ファンによる非営利のアマチュアオーケストラ団体です。

ホーム - Orchestra Valse

渋谷・オーチャードホールで開催された「Orchestra Valse Concert vol.5」に行ってきました。スペシャルゲストに声優のよこざわけい子さん(『天空の城ラピュタ』シータ役、『ドラえもん』ドラミ役、『エスパー魔美』佐倉魔美役ほか)、俳優の寺田農さん(『天空の城ラピュタムスカ役、他多数)、歌手の井上あずみさん、と来たらこれはテンション上がりますね。私はスタジオジブリ作品では『天空の城ラピュタ』が最強に好きで、さすがに暗記こそはしていないけど映画の放送を見ながらせりふが出てくるくらいにはよく見返しました。のちに製作側が何を言おうが関係ない!あのラピュタが好きなんだ!ラストに「おわり」が出てくるあのラピュタが!……というわけで大変楽しみにしておりました。

席についたらウインドマシーンとかコントラファゴットとかハープ2台とか置いてあってなんかすごい雰囲気でわくわくしました。交響詩天空の城ラピュタ」は声も効果音も全部再現しつつ途切れずに最初から最後まで通しで演奏する、というのが主旨だそうで、ウインドマシーンは嵐かーなるほどー、と思っていたのでした、最初は……。

第一部は『となりのトトロ』の曲を6つ。井上あずみさんを最近お見かけするたびに高い声が出づらそうなので気になっていましたが、一緒に来た夫曰く「さんぽやとなりのトトロは客席が一緒に歌うところまでがセット」。そんな夫はかつて井上あずみさんのファンだったので、1番だけでなく2番も歌いこなしていました。すげえ。私にとって『となりのトトロ』は長女的なあれを深くえぐってくるという意味で、お話としては好きだけど作品としては見返しづらい映画なので、「風のとおり道」とか聞いてると涙腺が緩んでつらいですね。涙腺くらいならいいけど鼻水になって落ちてくるので演奏中必死でした。

第二部が始まる頃に、近くの席にトランペット奏者の高見信行さんがいらっしゃる。あれ?あれ?と最初思ったけどパズーのあれということがわかって役得感満載です。第二部の交響詩天空の城ラピュタ」は感想を書き始めると壮大になってしまうのでなるべく端的にまとめますが、とにかく効果音の再現がすごかった。パズーのトランペット、最初に1音試し吹きするじゃないですか(するんです)。あれもやるんですよ。あれ込みですごく朗々とパズーっぽく吹いてるの感動しました。あとけんかのシーンの音楽、あれもともとけんかしてる本人たちのせりふは一切なくて、音楽だけで腕力アピールとけんかのやりとりするところなんですが、全部生演奏で聴いてると脳内でけんかしてていいですよね。そして炭鉱の鉄道での逃走のあたり、パーカッションの人がスコップ持って立ち上がってたのが最高にキュートでした。このペースで書いてるといくらでも出てくるんであれなのですが、フラップターの最初の(40秒で支度しな!の後のあれな!)音楽と、シータ救出のところのフラップター込みの一連のあれ、演奏する側が相当大変なんでは?と思いました。めっちゃ楽しそうだけど。竜の巣の音楽で、お父さんが何かしゃべるところ(映画では無音)でぴたっと演奏もポーズするのかっこよかったです。たぶん再現してるんだろうと思ったけど自信ない。あとどうしても書きたいところというとよこざわけい子さんがおまじない思い出すシーンで「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール……」って言い終えた瞬間に飛行石が聖なる光を放ってえらいことになるじゃないですか(なるんです)。声優さんが言い終えた瞬間に音楽がわっとかぶせられるっていうの、映画では何度も見てるけど、生で音が鳴ると迫力違うものですね。こういう演出や効果ができるから、音を生演奏で再現する、っていうのがものすごく生きるんだなーと思いました。もっといろいろ考えたことありましたがここら辺であきらめます。

Orchestra Valseの皆さま、スペシャルゲストの皆さま、大変素敵な公演をありがとうございました。あの音楽を自分たちでステージで奏でるの、本当に大変だけどものすごく楽しかったことだろうと推察します。パンフレットに収録された(そして寺田さんご本人もステージで言ってた)、「ラピュタを一度も通して見たことがなかった」という話、めちゃくちゃ面白かったです。ちょっと切ないですけどね。

楽器何かまたやりたいなー、と思うけど、20年くらい実家で眠り続けているクラリネットを出すのもあれだし、ムックの組み立て式ウクレレは作ってみたものの悲しい思い出があるのでもういいかなという感じだし、以前譲っていただいたギターはちょっとがんばってみたもののそのままになっているし(引っ越しのたびに一緒に連れてきているけど)、そして最大の難関である「音を出す場所がなかなかない」が立ちはだかっているし、難しいものですねー。でも生の演奏を見聞きするとやっぱりいいなと思うのでした。