Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

自分を休ませる

f:id:toya:20161217222346j:plain
スマート珈琲のフレンチトースト)

最近仕事でちょっとやることが変わったので、それに関連する本を何冊か読んでいました。その中に、「とにかく休め、座れるときは座れ、眠れるときは寝ろ、10分くらい昼寝しろ、それができなかったら横になれ」(こんな雑な書き方ではないです)という内容があり、それは軍隊でも取り入れられている大変効率的な「疲れの回避」なのだ、ということが語られていました。

私は「休む」のがあんまり得意な方ではありませんでした。休みの日に早起きできずどこか焦燥感を抱えながらごろごろするとか、体調を崩しかけたときにとにかくまとまった睡眠を取るとか、偏頭痛が起きてただただ寝ているしかできないとか、そういうことは非常によくあるんですが、本来の意味で休むとは一体何なのか、あんまりぴんときていませんでした。好きなことをしていても疲れるときは疲れるし、やりがいがあることをやっていても疲れるときは疲れる。何もしなければそれは休んでいることと同義なのではないか、なんて思っていました。

実際、若い頃……というと具体的にいつなのかわからないのでちゃんと思い返すと、社会人になって数年、少なくとも20代の頃くらいまでは、どんなことがあっても寝てしまえば翌朝は何とかなっていました。それが30歳を超えるとそうもいかなくなり、具体的には肩こりを覚え、精神的な疲れを感じるようになりました。そのうち仕事、結婚、退職、引っ越し、親族関連など相次ぐ環境の変化についていくのがやっとで、寝ても寝なくても疲れている、なんていう状態にもなりました。でもそれは単純に年齢やライフステージによるものなのかな、という気がしていました。

f:id:toya:20161217222433j:plain
カフェ コチのアイスティーとパン2種)

そうこうしているうちに、眠りにつく前にやたらと全身に力が入っていることに気づきました。どうも枕に遠慮(?)して首で頭を支えようとするくせがあるというのには2年くらい前から気づいていたのですが、どうも首だけじゃないぞ、ということを認識したのです。睡眠中は力が抜けているんだろうとは思いますが、朝起きるときにはまた力が入ってしまっているらしく、首筋や肩が疲れた状態で目が覚める。そりゃ疲れる。

自覚してからは「なるべく力を抜く」のを意識するようになりました。寝るとき起きるときはもちろん、気がつけば電車で座っているときも、仕事で机に向かっているときも、なんやかやと力が入っています。常に脱力するのは難しいけれど、せめて座っているのに肩に力入れるのはやめよう、くらいには心がけました。ここまで長いこと続いた習慣なので、そう簡単には変わらないですし、寝る前にやっぱり首からつま先までなぜかあちこち力んでいるのも変わりません自律訓練法ほど系統立てているわけではないですが、体の部位ごとに力を抜く確認をしています)

ついでに、今までお店などに入ったとしても、あんまり「カフェでくつろぐ」みたいなことをしてこなかったのですが、多少かっこわるくても少しだらーんとしたり、姿勢を崩したりしてみました。「普段からちゃんとしていないと外でもちゃんとすることはできない」と母親に教えられて育ったもので、そう都合のいいときだけかっこよく見せるなんてできないとは考えてはいるのですが、1人でいるときくらいはまあいいんじゃないの、と無理にでも思ってみることにしました。

本当はもっと健康的に、定期的な運動をするとか、栄養バランスを考えた食事をとるとか、早寝早起きをするとかすればいいんでしょうけど、残念ながら根がだらしないので、運動は苦手だしやりたくないし、料理は苦手だし、小さい頃から遅寝遅起きしかできない。そんな人が突然明朗快活に健全なる生活を送りまくるのはさすがに無理そうなので、できるところから多少なりとも、くらいで……。