Really Saying Something

他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

基礎体温

女性で産婦人科にかかったことがある方にはたぶんおなじみの基礎体温というやつを測っている。というより測り始めた。人生で3回目だ。前の1、2回目は非常に短期間で終わった。何回か書いたけど私は本当に本当に本当に朝が弱い。起きてすぐに口の中に体温計を突っ込んで5分待って体温が表示されるのを待つという曲芸のようなことができない。5分あったら二度寝しませんか??? 10代の頃(1回目)は割と頻繁に噛んだ状態でまた寝てしまい、母親が5分経ったら起こしてくれるという相当なズル(起きてそのままの体温を測るのでまったく意味がない)をしたけど継続をあきらめた。30代の頃(2回目)は母親の手助けがないので、起きられないかと思いきや、意外なことに1ヶ月だけ続けることができた。きれいに体温のグラフが遷移するのがわかって、私はとても満足して、計測を終えた。

さて3回目であるが、なんと奇跡的なことになんとか1週間記録できている。目覚ましに使っているスマホスヌーズが何回かあった後、すぐ横に置いてある基礎体温計を口に突っ込む。そしてそのままじっとしている。気がつくとふと口が開いていたりもするが(寝てる)、なんとか5分間をやり過ごして、寝起きでよく見えない目で数値を読み取り、シートに記入するほど快活には起きていないので、iPhoneのヘルスケアのリプロダクティブヘルスのコーナーに数値を打ち込む。そしてもう一度ちょっとだけ寝る。数値を読んで数字をタップしている記憶は後から考えるとあんまりなく、なんとなくリプロダクティブヘルスの数値が一応埋まっているのを見返して「なんとか頑張ってるんだなー」などとのんきに考えている。

まだ1ヶ月経ってないため成功体験と呼ぶには難しいけど、紙にこまこま書き入れる形式だったらあっという間に挫折していたかもしれない。何しろ約1年くらい前に婦人科を受診して、なんにせよ基礎体温を測っておくのは有用だから、と言われた後、基礎体温計を買ったはいいもののなんだかんだで約1年放置して先生にこっぴどく怒られ、退路を断たれている状況なのだ。「どうしても決まった時間に毎日起きれません」と至極真剣に伝えたところ、「毎日同じ時間だと絶対に挫折します。4〜5時間の睡眠の後であれば構いません。そんなこと言ってると夜勤の人は測れなくなってしまうので」と言われ、多少気楽になった。

さて今日は諸事情により寝る時間が遅くなった。明朝の私、なんとか頑張ってほしい。