Really Saying Something

主に雑文系ブログです。他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

V6解散のお知らせから1ヶ月が経った

V6解散お気持ちシリーズ第3弾です。

3/12の解散発表から1ヶ月。発表までと同じように仕事をし、生活を営み、コロナ禍に振り回されていた1ヶ月だった。

V6解散についてはスポーツ新聞系の記事を中心にいろいろなものが出ていたけど、SMAPの時ほど追いかけることをしなかった。V6が6人で解散を決め、三宅健くんがラジオで「箱にしまう」発言をして、それで「解散」という出来事の解釈はきれいに終わった感じがしたのだ。

ところが案外、日常に落とし穴が待っている。

ミュージックソン2016 AM1242 FM93 ニッポン放送

この2016年のラジオ番組を夜聴いていて、日跨ぎのあたりに生歌ライブがあったんですよ。生歌でライブって矛盾してますけども*1

クリスマススペシャルライブだったかな、何かそういうタイトルで、冬っぽい歌を生で歌ってくれた*2。この時に初めてファンの間でも人気の高い「Air(2010年3月発売のアルバム「READY?」に収録)を真面目に聴き、これは名曲や!とアルバムを買い、リッピングしてちまちま聴いていた。

クリスマススペシャルライブで聴いた「Air」の森田剛パートがですね、破壊力すごかったんですよ。他にも森田剛ソロパートのある曲はたくさんあるんですが、「Air」はやばい。別のメンバーのパートもすごいんですけど個人的に「Air」の森田剛は優勝している。ついでに自分の好みでいうと「MASSIVE BOMB」(1998年8月発売のアルバム「A JACK IN THE BOX」に収録)森田剛ラップもやばい。

この歌声を我々は2021年11月2日以降失うのかー、と思ったらものすごい喪失感に襲われた。6人が再結成して6人で歌う楽曲はもしかしたらあり得るのかもしれない、舞台俳優にフォーカスする森田剛が1人で歌う日もあり得るのかもしれない。でもこれまで続いてきたV6としての楽曲は、11月2日以降に生まれることはない*3。まじかよ。まじだよ。

バラエティ番組できゃっきゃする6人が見られなくなるよりも、日常でちょいちょい聴いているものが「過去のもの」になってしまうこと、そっちの方が結構きつい。

他にもいろいろな曲で喪失感があるんだけど、とりあえず「Air」の破壊力はすごいぞ、というお話でした。

これまでのお気持ち

toya.hatenablog.com

toya.hatenablog.com

*1:ライブのラストソングが「MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~」(1996年12月発売のミニアルバム「GREETING」に収録)で、めちゃくちゃに久しぶりに歌ってもらえたので号泣した思い出がある

*2:V6は歌番組などで激しいダンスがある時以外は割と生歌であることが多い。これ豆な。豆なのか?

*3:ついでに森田剛のはがき読みもなくなるのか、と思うと「うわー」ってなる(語彙力)