Really Saying Something

主に雑文系ブログです。他にバイク(VTR-F)日記とかTwitterのlikeまとめブログとかやってます。

リモートワーク(在宅勤務)を1.5日やってみて

私は基本的にはマインドが社畜なので、会社に行きたい。できれば会社で仕事をしたい。そういうふうに社会人人生を20年(まじで20年なんだけどどうすればいいのこれ)やってきた。しかしこのご時世、まったくそういうわけにいかなくなってしまった。

「リモートワーク」なら数年前にやったことがある。チームの中で私一人だけ別のオフィスにいる、他の人とは全部テキスト&オンライン、という時期があった。だから自宅で仕事をするのだってその延長だと思った。インターネット回線が会社より重い(下手するとTwitterでさえ読み込みが止まる瞬間がある、たぶん集合住宅全体だから他の誰かが何か重い作業をしているのだろう)ことがあっても、部屋の中がとっちらかっていても、なんとかなるだろう、なんとかしなければ、と思って今週の頭から在宅勤務に入った。

ところがどっこい、かなり勝手が違うのだ。

pros

今のところない。

cons

集中力がもたない

  • 通常であれば「会社という仕事をするための空間」に移動しているので、仕事をするしかない(変な書き方だけど)。集中力があろうがなかろうが、案外仕事は進む。少なくとも大きな物理的・精神的要因がない限り「仕事が手につかない」ということはない(手がつかないのであれば対策を考える)。しかし自宅は自宅だ。我が家はくつろげるような良い空間であるとは言い難いが、それでも楽しみのためのいろいろなものや、生活のために必要なものが入っている空間で、そこで仕事をしようとすると何か大きな力に抗っているような空気を感じる。誘惑が多いのではなく、集中するためのパワーが余計に必要、という意味
  • 気分転換の手段が少ない。テレビを見るわけにもいかないし(流しっぱなしでも仕事できるけど)。唯一気分転換になりそうな「家事」は、一度手をつけるとまとまった時間が必要になる

時間にメリハリがつけづらい

  • 初日はおやつを用意し、簡単なコーヒーメーカーでコーヒーをいれ、出勤するのと同じ格好で仕事をした。これが私には結構な苦痛で、何が一番つらいかというと、私にとってのオンオフスイッチは「靴下」で、家ではとにかく靴下を脱ぎたいのだ。なのに靴下をはいたまま仕事をする。家で。じゃあ脱げばいいじゃんとお思いだろうが、脱ぐとオフになってしまうので、もう仕事をしたくなくなるのだ。しょうがないので2日目(今日)は、靴下は脱いで、時計をつけて仕事してみている。家で腕時計をつけるのはあんまり好きではないが、それでも時計の方がオンオフスイッチとしては柔軟性がある気がする
  • 「休憩でインターネットする」ことができない。いやすればいいじゃんとお思いだろうが、上記「集中力」とも連動する。集中力をいったん削いだら復活させるのにパワーがいるので、休憩がてらTwitterを見るなどがしづらい

動かない

  • これはまあ自分で気をつけろよという話だけど、水分摂取量が減り、トイレに行く回数が激減した。会社がフリードリンクであるためこういうギャップが生まれるのかな、と思って気を付けるようにしているが、まあ飲まない。「帰宅」として家にいる時は結構水を飲むんだけど
  • 運動不足が激しい。歩く時間がただでさえ少ないのにさらになくなった。やばい

お風呂とメイクがむなしい

  • 基本的に私は「風呂が嫌い」な人間で、会社に行って他人様にお見せするためにはきちんとグルーミングしている必要があるというただその1点において風呂に入る動機が生まれる。メイクもしかり。じゃあ自宅なんだからさぼれば?とお思いだろうが、オンラインでミーティングなどが行われるので、お風呂もメイクも全部やらないと私の気持ちがそっちに向かないのだ。基本的に何か塗る&眉を描くをしないと外に出られないので、普段と同じようにメイクしている

外に出られない(不要不急)のでメイク用品を買ってしまう

  • 最近同僚とよくメイク話で盛り上がるので、購入意欲がそそられる。旅行に行ったり高い服を買ったりしないのだから、運んでいただく運送業の方には申し訳ないが、通販でよく化粧品を買うようになった。タッチアップ? そんなものはデパコスカウンターが未だに怖い私は普段だって足を運ばないのだから無問題。むしろ夫の方がデパコスカウンターに行き慣れてしまっているようなので尊敬しかない。ディオールのリップグロウオイルの人気色の型番調べてて私より詳しかった

オンラインミーティングで顔色が悪く見える

  • 背景を写し込んでもいいようなところで仕事をしていると、光源の問題で顔色が悪く見える。化粧した時のイメージと実際に見られる顔が全く違うのはよくあることだ、オーケー、しょうがない。それはともかく顔色がとにかく悪く見えるが、化粧を濃くしたとて光源の問題だから何も変わらない(昨日と今日で化粧品を変えてみたがたいして変わらなかった)。しょうがないのでふと目が覚めた今朝、女優ライトを買った。これで明後日からは多少ましになるだろう

総じて

とにかく新型コロナウイルスの流行が沈静化するのを祈るしかない………………。